So-net無料ブログ作成

舛添氏 著書で首相の座狙う!必要な能力持つよう努力(スポーツ報知)

 自民党の舛添要一前厚労相(61)は6日、都内で行われた日本環境感染学会総会で講演し、厚労官僚と闘った752日間を振り返りながら、バトンタッチした長妻昭厚労相(49)を「国民との対話がゼロ」と切り捨てた。

 在職中に年金問題、中国の毒入りギョーザ事件などが取りざたされるたびに、記者会見で国民への説明を心がけて来たことを強調し「長妻君がメディアに出て説明するところを見たことがない」と官僚を制御できない現職に苦言した。

 10日に発売する新書「内閣総理大臣 増補版」(角川書店)の中では鳩山由紀夫首相(62)を「ビジョンの提示力と歴史、哲学の素養がない」と酷評した上で「時期が来たら私自身がリーダーシップをとることは拒否しない。首相に必要な能力をすべて持つように努力している」と首相の座を狙うことを表明している。この日の講演では「首相にはある程度のIQと問題意識がある人がなるべき」と理想の宰相像まで語っていた。


 【関連記事】
「小沢幹事長のこと、鳩山のことで迷惑をかけている」首相陳謝
鳩山首相、施政方針演説51分で「命」25回…進次郎氏「意味分からん」
鳩山首相が初の施政方針演説「命を守る」を多用
鳩山首相「戦ってください」発言撤回せず
舛添要一 厚労相 日本環境感染学会 を調べる

<JR函館線衝突事故>旭川−滝川駅間の運転再開 北海道(毎日新聞)
人口当たり医師数に16.4倍の地域差―日医総研(医療介護CBニュース)
6新人が届け出=長崎知事選(時事通信)
【イチから分かる】内閣法制局長官 鳩山政権で役割変質か(産経新聞)
<自民党>谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。