So-net無料ブログ作成

東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)

 東京消防庁が昨年12月下旬、東京都目黒区の男性(73)を救急搬送した際、救急隊員が搬送先の医療機関と連絡を取らずに搬送し、受け入れを断れていたことが28日、都などへの取材で分かった。男性は同病院を含む計5病院で受け入れを断られ、死亡した。第3者の医師らで作る「都メディカルコントロール協議会」がミスと死亡との因果関係を調べている。

 都救急災害医療課によると、昨年12月24日午後3時25分ごろ、男性の搬送を求める119番通報があり、救急隊が出動。救急隊員は搬送先に決めた東邦大大橋病院(目黒区)の連絡先を間違え、目黒病院(同)に受け入れを要請した。

 救急隊員はミスに気付かないまま大橋病院に搬送したが、大橋病院は他の救急患者の治療があったため、受け入れを断ったという。

 その後、目黒病院に向かったが、病状から医師の判断で転院を勧められるなど、計5病院で搬送を断られた。男性は119番通報してから約1時間45分後に6か所目の病院(同)に搬送されたが、大動脈解離で死亡した。

 東京消防庁は「救急搬送時に救急隊員がPHSの操作を誤り、病院連絡にミスがあったことは事実。遺族に説明し、謝罪した」としている。

【関連記事】
患者搬送後、気が緩み…救急隊員を置き去り 島根の消防署
救急車が衝突、4人重軽傷 心肺停止状態の患者死亡
また奈良・生駒…救急搬送9病院が断る 1時間20分後に大阪へ
救急車エンスト、新型インフル患者搬送20分遅れる 兵庫
救急車から煙、12分遅れの代替車で搬送

東京・江戸川の郵便局強盗 容疑の男逮捕(産経新聞)
抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用(医療介護CBニュース)
早大の賠償減額 東京高裁「つくば市、過失大」 風力発電訴訟(産経新聞)
<労働者派遣法>労組や弁護士が抜本改正求める (毎日新聞)
「女から覚せい剤もらった」=交際継続動機か、証拠品着服も−千葉県警警部補(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。