So-net無料ブログ作成

近鉄踏切で電車と衝突、乗用車の2人死傷(読売新聞)

 8日午前6時50分頃、奈良県桜井市大福の近鉄大阪線耳成第7号踏切(警報機、遮断機付き)で、大阪上本町発鳥羽行き快速急行(6両)と、近くの無職大隅政隆さん(80)運転の軽乗用車が衝突した。

 車は大破し、助手席の妻、美恵子さん(77)が搬送先の病院で死亡が確認され、政隆さんが重傷。乗客約300人にけがはなかった。

 桜井署などの発表によると、踏切は近鉄大福駅から西約30メートルで、幅9メートル。車は遮断機が下りた線路内に進入し、通過中の電車3両目の左側面にぶつかった。当該の電車は桜井駅で運行を取りやめ、乗客は後続の電車に乗り換えた。

 この事故で、耳成―大福間の下り線は運転を一時見合わせ、上下線で遅れが出た。

k0frkwg4のブログ
x3q8aeu1の日記ブログ管理ツール
ショッピング枠現金化
ネイルサロン
ライブチャット

シー・シェパード船衝突「断固抗議」と岡田外相(読売新聞)

 岡田外相は8日の記者会見で、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」の小型抗議船「アディ・ギル号」が南極海で日本の調査捕鯨船団の監視船と衝突したことについて、「生命、財産を侵す極めて危険な行為で、断固抗議したい」と述べた。

 また、妨害が続けば、抗議船の船籍国であるニュージーランドなどと再発防止の協議を行う考えを示した。

昭和ジャンプ
私はカウンセラー、今日も休みなし
現金化
ライブチャット
無料携帯ホームページ

石川議員 虚偽説明か 4億円、不自然な分散入金 再聴取へ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が購入した土地をめぐる疑惑で、当時会計事務担当だった石川知裕衆院議員(36)が土地代金の原資となった4億円について、「小沢先生のたんす預金だったと思う」と東京地検特捜部に供述していることが11日、関係者への取材で分かった。しかし4億円は陸山会の複数の口座に分散して入金されるなど不必要な資金移動があり、特捜部は小沢氏の個人資金ではなく、石川氏が虚偽の説明をした疑いがあるとみて、改めて任意で事情聴取する方針だ。

 また、小沢氏側が4億円の定期預金を担保に銀行から融資を受けた4億円を土地代金に充てたと説明しながら、実際には融資の直前に土地代金を支払っていたことについて、石川氏が「不動産を買う際の慣習だったため融資を受けたが、不要だった」と供述していることも判明した。

 特捜部はこの供述も不自然で、土地代金の原資を隠すための偽装工作だったとの見方を強めている。

 関係者によると、陸山会は平成16年10月29日、東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入した。石川氏はその原資について、「小沢先生に土地代金が足りないことを相談し、10月上旬に小沢先生から都内の事務所で複数の紙袋に入った現金4億円を受け取った。小沢先生のたんす預金だったと思う」と供述したという。

 しかし、石川氏は土地代金を支払う直前の同月28日までに、小沢氏から受け取ったと供述する「4億円」を一度に入金せず、陸山会の複数の口座に数千万円ずつに分散させて入金した上で、一つの口座に集約させていた。

 特捜部は、土地代金に充てる4億円を分散して入金する明確な理由がないことや、石川氏が小沢氏から4億円を紙袋で受け取ったことを裏付ける証拠がないことなどから、石川氏が虚偽の説明をしている疑いがあるとみている。

 さらに、国発注の胆沢(いさわ)ダム工事受注をめぐり、水谷建設側が供述した「石川氏に5千万円を渡した」とする時期と重なる16年10月に、陸山会の口座に5千万円の入金があったことから、4億円はすべてが小沢氏の個人資金ではなく、「裏献金」が含まれている疑いがあるとの見方を強めている。

 石川氏は任意聴取に、水谷建設からの現金授受を全面的に否定している。

【関連記事】
経産相と経団連の会談、お流れに 小沢氏の意向を“忖度”?
渦中の小沢氏 秘書らとキムチ鍋 報道陣にはなお無言
小沢氏主導で「外国人参政権」が新たな火ダネに? 
「小沢氏は説明不足」85% 共同通信世論調査、内閣支持率は横ばい
「政治家にも人権ある」枝野氏が小沢氏擁護、検察を批判

歯科医の仕事はプライドが大事!
だいすけのブログ
クレジットカード現金化 比較
債務整理・自己破産
出会いランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。